50代の外注さんにタイトル選定依頼をして後悔しました

目安時間:約 7分

こんにちは。

 

ついに年末年始休暇最終日になってしまいました。

今回は12連休ということで、大学生気分に戻ることが出来ました(笑)

 

大半の期間を自宅で過ごし、アドセンス作業に費やしましたが、

さすがにずっと家にいるのもと思い、一昨日と昨日で河口湖へ行ってきました!

 

昨日の朝は湖がカチカチに凍るほどの寒さでしたが、両日天候に恵まれました。

 

こういう息抜きがもっと多くできたらいいなーと思った次第です。

 

さて、私は3日前よりタイトル選定の外注さんを募集し始めました。

旅行の直前に募集した結果、今朝から返信に追われまくってます(笑)

 

募集のタイミングはもう少し考えたほうが良さそうです。

 

応募者の大半はまだテストライティングの段階ですが、一部の方からは

既に納品されており、継続案件の案内も行っています。

この休暇で200記事分以上のキーワードを集めたので、これらの

タイトル選定が終われば半年くらいは安泰ですね。

 

キーワード選定とタイトル選定をセットで募集したことは

何度かあったのですが、タイトル選定単体で募集するのは

初めてでした。

 

私がバイブルとしている商材、フルオートメーションアドセンスパッケージでは

それぞれ個別に募集するように書いているのですが、横着者の私は

2つともいっぺんにやってくれる方を探していましたw

 

たまに対応してもらえる外注さんもいますが、複数工程を依頼すると

大体上手くいかないということを学びました。

 

そして、辞められてしまった時のダメージも大きいです。

 

そのため、リスクヘッジも兼ねてタイトル選定単体で募集をした次第です。

 

キーワード選定はというと、私が今もやっています。

なかなかこの概念を外注さんに理解してもらえないので・・・。

 

キーワード選定を効率化させるための術はこの2年間でだいぶ学んだので

当初よりはだいぶ手際よくできるようになりました。

 

そういった意味で、今後は完全自動化というより半自動化で

すすめていきたいと思います。

 

さて、本題に移りますが、今回のテーマは外注さんの年齢についてです。

 

あくまでも私の一意見として聞いていただければと思います。

 

通常、クラウドワークスにて募集をかける際、私は外注さんに

「こういう案件あるんですけど、やってみませんか?」といった

メッセージをこちらから送るようにしています。

 

何もしなくても勝手に応募が来ることもありますが、その数は

ごく少数です。

 

報酬が安いのは重々承知の上なので、こちらから働きかけないと

なかなか人が集まりません。

 

そんな中で私が個人的に気を付けているのは年齢です。

 

全く同じ指示を出しても、外注さんによって理解度は様々です。

特に年齢別で考えるとその差は歴然としています。

 

あくまでも私の体感ではありますが、50代以降の方は案件の

趣旨を理解してもらうまでに時間がかかる傾向にあります。

理解してもらえばまだしも、理解してもらえないまま破談する

場合もあります。

 

こういったシーンを見ると、デジタルディバイドというのは本当に

存在するんだなとしみじみ思います。

 

今日もタイトル選定について50代男性の方から質問メッセージを

頂いたのですが、質問の内容がトンチンカン。

マニュアルにもちゃんと目を通したのか怪しいレベルです。

 

契約した手前、無視するわけにもいかず、義理で返信はしました。

 

しかし、こちらが望む作品を納品することはないと思います。

 

もちろん、中年以上の方全てが危ないという考えは極端ですし、

しっかり成果を残している方に失礼です。

 

ただ、中年以降の世代はパソコンの文化がまだ浸透しきれていない

時期で、今のように1人1台パソコンがあるのが当たり前という

状態には程遠かったようです。

 

そのような方が応募したら、上手くいかないのも仕方ないのかなと。

 

これが、応募者全員がダメダメな成果物を出してくれば、指示を出した

私に責任があると思いますが、20人以上応募者がいてこんな質問

してきたのはこの方だけです。

 

そして、応募者の大半は20代~30代の男女。

実績がない人については基本お断りしています。

 

一概に中年以上の方を悪く言うのは良くないと思うのですが、

上記のような時代背景がある上に、新しいことを習得するのが

難しい、自分のやり方に固執する傾向が強くなる、そういった

方が多く存在する年代であることは否めないと思います。

 

そのため、50代以上の外注さんと仕事をしていくのであれば、

それなりの根気は必要になると思います。

 

私は、そんな根気良く時間を割いて接するくらいなら、

阿吽の呼吸で取り組んでもらえる20代~30代くらいの

主婦の方にお願いしちゃいますけどね。

 

今回、久々に50代の外注さんに依頼してちょっと後悔しました。

 

ある程度良い感じに外注さんが揃ってきたので、これからは

・ビジネス文章力があって

・納期を守り

・報告相談をしっかりしてくれる

 

そういった外注さんを厳選していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. さわだひろこ より:

    はじめまして ランキングから来ました。

    外注さんも色んな方がいるのすね。
    人に分かったもらえるように説明って難しいですよね
    こちらの希望が上手く伝わらないと残念な結果になってしまいますから。

    私はまだまだ外注化するほどではないので
    頼むときの注意など分かりませんが
    参考にさせて頂きます。

    ありがとうございます。

    • faap より:

      >さわだひろこ様

      コメントいただきありがとうございます!

      「十人十色とはまさにこのことか!」と思いましたね・・・。
      声をかけるだけかけてみて、スクリーニングするというのが一般的な
      方法ではありますが、声をかける前の段階である程度の絞り込みは
      かけていきたいと考えています。

      これからも外注経験談を発信していきますので、遊びに来ていただけたら
      嬉しいです。

      よろしくお願いいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事ランキング
最近の投稿
twitter
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報